少年野球でピッチャーをやっている子供が肩や肘を壊さないためには

少年野球のピッチャーのスピードアップ、コントロールを良くするために

野球ピッチャー上達革命

2年連続で二桁勝利を達成し、オールスターにも
出場した元プロ野球選手が、大事な場面でも
安定してストライクを取れる投球術を公開しています。


子供が少年野球でピッチャーをやっています。肩や肘を壊さないように気をつけたいと思いますが、どのようなことをすればいいのか、またどのようなことに注意すればいいでしょうか?


まずは正しいフォームで投げるようにすることです。特に肘が下がるような投げ方や身体が開いてしまうような投げ方になりがちなので注意しましょう。そういった投げ方ですと肩や肘を壊しやすいですので。

ピッチャーで投げる前にはしっかりとウォーミングアップを行なって肩や肘を温めてスムーズに動くようにしてから投げるようにします。身体が温まっていないうちにピッチングを行うことはしないように注意します。

試合や練習で投げた後はクールダウンをしてアイシングをしましょう。投げた後のケアが大切です。

肩や肘が痛い、またはなにか変だと子供が言ったら投球をやめましょう。しばらくノースローで様子を見て改善されない場合には整形外科や整骨院などで診てもらってください。まだ身体が出来上がっていない時期ですので過度な負担が掛からないように注意してあげてください。

以上のようなことを実践、気をつけると良いでしょう。
スポンサードリンク

Copyright © 少年野球のピッチャーのスピードアップ、コントロールを良くするために All Rights Reserved.