少年野球のピッチャーのスピードアップ、コントロールを良くする

少年野球のピッチャーのスピードアップ、コントロールを良くするために

少年野球ピッチャーのコントロールについて


小学4年生の息子が、少年野球チームでピッチャーをしていますがコントロールが今ひとつ安定しないようです。フォアボールを出したかと思ったら三球三振を獲ったりいった感じです。もっとコントロールを良くして内外角に投げ分けられるようになって欲しいと思いますがどんなトレーニングをすれば良いのか教えて下さい。後息子は立ち上がりが悪くスロースターターのようなんですが治せますでしょうか?


小学4年生でピッチャーをやっていて三球三振を獲ったりってなかなかすごいじゃないですか。内外角に投げ分けられるようにするにはどんなトレーニングをすれば良いのかということですが、小学4年生で内外角にきっちりと投げ分けるというのはちょっと厳しい要求だと思います。コントロールを良くするためにはしっかりと投げ込んでフォームを固める必要がありますがまだまだ身体も出来ていない時期ですしフォームも安定しない時期ですから、無理な投げ込みをさせるとケガにつながります。

この時期に重要な事は正しい投げ方で投げることを重視することです。コントロールに関してはストライクゾーンに投げられるようになれば十分でしょう。正しいフォームを身につけるためには投げ込みが重要ですが身体の出来ていない小学生に無理な投げ込みをさせるとケガに繋がりますのでフォーム作りはシャドーピッチングで行いましょう。タオルの先を結んだものを持ってシャドーピッチングでフォームをチェックします。

フォームで特に注意する点は

1,踏み出す足を真っ直ぐに踏み出す。
2,肘が下がらないようする。

という点です。

1に関しては足を開いて踏み出している場合には特に注意が必要です。足を開いて踏み出して投げると手投げになり肩や肘に負担が掛かり故障につながります。

2に関しても肘が下がると肩、肘に負担が掛かりこれも故障に繋がりますのでよーく見てあげてください。

家ではシャドーピッチングでフォームを作って、投げ込みはチームの練習の時にするといった感じが良いでしょう。とにかく投げ過ぎは故障に繋がりますので注意が必要です。



Copyright © 少年野球のピッチャーのスピードアップ、コントロールを良くするために All Rights Reserved.